全4170文字

ラグビー日本代表の快進撃が続いている。10月5日のサモア戦でも勝利を収め、1次リーグ突破まであと一歩だ。そんなラグビー日本代表から日本企業は学べる教訓があると、スイスの有力ビジネススクール、IMDのマイケル・ウェイド教授らが指摘する。どんな教訓があるのか。今回、日経ビジネス電子版に寄稿してもらった。