アジア経済の力強い回復に陰りが見え始めた。新型コロナウイルス感染が再拡大し、またもや店舗から人の気配が消え、工場は閉鎖されて、企業収益の見通しが悪化しつつある。

 欧州や北米では経済活動が再開されている。それでもアジアの大半、とりわけ新興国は感染力の強いデルタ株の急速な広がりと、ワクチン接種率の低さに不意打ちを受けた形だ。

 ING(シンガポール)のアジア太平洋調査責任者ロブ・カーネル氏は「アジア全域の経済が以前よりも新型コロナウイルスに苦しんでいるのは間違いない。最大の要因は、アジアのワクチン接種率の低調さにある」と指摘した。

 確かに前年比ベースで見れば企業関連やマクロ経済の指標はしっかりと持ち直し続けているが、これは昨年の急激な落ち込みとの比較によって「水増し」された面があり、前期比ベースの数字では失速が明らかだ。

 
8月24日、アジア経済の力強い回復に陰りが見え始めた。写真はインドネシアのジャカルタのショッピングモール。入場するにはワクチン接種を受けた証明書を見せる必要がある。13日撮影(2021年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)
8月24日、アジア経済の力強い回復に陰りが見え始めた。写真はインドネシアのジャカルタのショッピングモール。入場するにはワクチン接種を受けた証明書を見せる必要がある。13日撮影(2021年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)

 時価総額10億ドル(約1100億円)以上の1069社に関するリフィニティブ・アイコンのアナリストデータに基づいてロイターが計算したところ、アジア最大手クラスの企業の7-9月利益は、6四半期ぶりに前期比で減少する公算が大きい。

 三菱UFJモルガンスタンレー証券のチーフ投資ストラテジスト、藤戸則弘氏は「第3・四半期が減速に見舞われるのは確実だ」と述べ、目先鍵を握るのは主要生産基地である東南アジアのワクチン接種の進み具合と、中国が追加経済対策を打ち出すかどうかになるとの見方を示した。

続きを読む 2/3 供給面の悩み

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。