反政府武装勢力タリバンによるアフガニスタン制圧は、有害なコンテンツ対策を巡り米国の交流サイト(SNS)大手に新たな課題を突き付けている。一部の政府がテロ組織と認定する団体をどのように扱うかについて明確な判断基準はなく、各社の対応にばらつきがある。

 最大手フェイスブック は16日、タリバンをテロ集団に指定し、同社プラットフォーム上でタリバンによる利用を禁止するほか、タリバンを支持するコンテンツを排除する方針を確認した。

 ただ、報道によると、タリバンのメンバーはフェイスブック傘下の暗号化メッセージングアプリ「ワッツアップ」を使ってアフガン人と直接対話を続けているという。

 フェイスブックの広報担当は、同社はアフガニスタンの状況を注視しており、ワッツアップはアフガン国内の制裁対象組織に関係があると判明したアカウントに対して行動を起こす構えで、アカウント削除が含まれる可能性があると説明した。

反政府武装勢力タリバンによるアフガニスタン制圧は、有害なコンテンツ対策を巡り米国の交流サイト(SNS)大手に新たな課題を突き付けている。5月撮影(2021年 ロイター/DADO RUVIC)
反政府武装勢力タリバンによるアフガニスタン制圧は、有害なコンテンツ対策を巡り米国の交流サイト(SNS)大手に新たな課題を突き付けている。5月撮影(2021年 ロイター/DADO RUVIC)

 タリバンの広報官は、制圧を進める中、米ツイッター上で情報を発信し続けた。広報官は数十万人のフォロワーを持つ。

 同社にタリバンによるプラットフォーム利用について問い合わせたところ、暴力的な組織と憎悪による行動を排除する同社ポリシーに言及したが、どのように線引きしているかとの質問には回答がなかった。ツイッターのルールは、テロや市民に対する暴力をあおる組織は利用を認めないと規定している。

 タリバンの復権によって女性をはじめとする市民の言論の自由や人権が抑圧され、アフガニスタンが再び世界的なテロの温床になるとの懸念が強まっている。

 タリバンの幹部らは平和的な国際関係を望んでいるとし、アフガン市民を守ると表明している。

続きを読む 2/2 各国のテロ組織指定に準拠か

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。