全7730文字

松浦:米国で飛ばしてそのまま売却して身軽になって戻ってくるとかですか。

八谷:今回はさすがに一度日本に戻します。そのまま売るつもりはないです。ただ、まず見せてみないと話にならないよねって思いがあるんです。

偶然? 『風の谷のナウシカ』米ロードショー公開があった

編集Y:向こうの方は、この機体を見た瞬間に「これはナウシカのメーヴェだ」というふうに思うんでしょうか。米国では『風の谷のナウシカ』って作品はどの程度知られているんでしょうね。

八谷:正直、オシコシではみんなそんなには知らないと思ってます。実はオシコシの後、大陸を横断して西海岸のロサンゼルスに持っていって、そこで展示とデモフライトを行う手筈を整えています。これは、きっとロスのほうがナウシカとメーヴェを知っている人が多いに違いないという計算があるからです。

松浦:でも宮崎駿監督の映画『風の谷のナウシカ』は、米国でロードショー公開してないですよね。

八谷:いや、それがですね、今年やっているんです。

編集Y:え、ちょうど今年?

八谷:2019年の5月に、2日間だけですが「ジブリフェス」というイベントで全米公開しているんです(こちら)。

松浦:なんてタイミングだ。

八谷:そうなんです。神がかっているなと思って。たぶんロスに持っていったら、何というか……

編集Y:一山来ますな、これは。

八谷:だといいんですが。それでも告知は十分にしないと、と色々策を練って動いています。ロスに「アニメジャングル」というアニメショップがあるんですが、そこにお願いして8月9日の閉店後に、OpenSkyのレクチャーを開催することになりました。翌8月10日にもジャパンファウンデーションで14時からレクチャーの予定です。まずは、英語のインフォメーションサイトがなきゃ話にならんと思って作ったりしました(こちら)。

松浦:ロサンゼルスではどこで展示を行うことになっているんですか。

八谷:ロス近郊のチノ空港のハンガー(格納庫)です。実は零戦と並べて展示する計画を進めています。

松浦:チノということは、プレーンズ・オブ・フェイム(Planes of Fame)で? あそこの所有する零戦と並べるんですか。

編集Y:プレーンズ・オブ・フェイムって、チノ空港にある航空博物館ですよね。主に第二次世界大戦機を展示している。