7年8カ月に及ぶ第2次政権下で安倍晋三元首相が主導した「アベノミクス」。デフレや超円高から転換するきっかけとなったが、構造改革の遅れといった課題も残る。その軌跡を振り返り、これから日本が取り組むべきことを考える。

 安倍晋三元首相の死去を受け驚きと悲しみに包まれる中、与党自民党は参院選を圧勝した。岸田文雄首相が今後の政権運営で決めなければならないのが、安倍氏が第2次政権下で主導した経済・財政政策「アベノミクス」との向き合い方だ。

 デフレおよび円高という二重苦から抜け出せなかった日本経済を転換させるきっかけとなったアベノミクス。だが、7年8カ月に及んだ第2次安倍政権下でその中身は次第に変質し、軌道修正が求められている。

 「大きな政策の実行には時間がかかる。まずは目に見える実績を積み重ね、政権を安定させる」。安倍氏が周囲に何度も語っていた言葉だ。

「目に見える実績」を優先

 1990年代のバブル崩壊以降、日本企業は産業構造の転換や新規事業の創出に踏み出せずにいた。2001年発足の小泉純一郎政権は、企業の成長を促す規制緩和や官から民への権限移譲といった構造改革を政治主導で進め、産業の効率化や新陳代謝を加速させようとした。

 安倍元首相は小泉元首相の側近としてこうした構造改革の重要性をよく理解していた。だが、構造改革の実行は時間を要するだけに、安定した政権基盤がないと取り組めない。まず「目に見える実績」を出し、国民の信頼を得るのが必要不可欠だった。

 そこで安倍元首相が頼ったのが金融政策、財政政策だった。これらと「成長戦略」と名を変えた構造改革を組み合わせたのが「大胆な金融緩和(第1の矢)」「機動的な財政出動(第2の矢)」「民間投資を促す成長戦略(第3の矢)」を柱とするアベノミクスである。

「3本の矢」を打ち出した安倍元首相(写真:AP/アフロ)
「3本の矢」を打ち出した安倍元首相(写真:AP/アフロ)

 デフレスパイラルから抜け出すべく、日本銀行が大量の国債購入を通じて市場に資金をばらまき、金利を下げてお金を借りやすくする。低金利で経済活動が活発化すれば期待インフレ率が高まり、最終的に物価上昇につながると考えた。

 第1の矢の効果を確かなものとするために、先の民主党政権が力を入れた公共事業の削減に歯止めをかけ、景気浮揚に向けた財政出動も実施した。第1の矢、第2の矢で経済を上向かせ、その間に産業構造の変革や経済成長を阻む規制の抜本改革に着手し、持続的な経済成長への道筋をつける──。これがシナリオだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2567文字 / 全文3593文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

10/19開催 星野リゾートが実践する、「Z世代」を顧客にする極意

 1990年代中盤から2010年頃に生まれた世代を指す「Z世代」。幼い頃からインターネットに触れ、スマートフォンなどにも慣れ親しんだ「デジタルネーティブ」世代ともいえます。最近まで、Z世代をはじめとした若者は“SNS映え”を重視するとみられてきました。しかし、企業が若者向けに仕込んだ“映え”は見透かされる時代に。上の世代のZ世代観は、現実とかい離しているケースも目立ちます。

 日経ビジネスLIVEは日経クロストレンドと共同で、10月19日(水)19:00~20:30に、「星野リゾートの実践から学ぶ、『Z世代』を顧客にする極意」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。Z世代の意識や消費行動、さらにはZ世代に響く企画などについて、議論を交わします。視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひご参加ください。

■開催日:2022年10月19日(水)19:00~20:30(予定)
■テーマ:星野リゾートの実践から学ぶ、「Z世代」を顧客にする極意
■講師:今瀧健登氏(僕と私とCEO、Z世代のヒットメーカー)
梅ケ谷夏歩氏(星野リゾート「界タビ20s」プロジェクト)

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス、日経クロストレンド
■受講料:日経ビジネス電子版と日経クロストレンドの有料会員はいずれも無料で参加できます(事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。