新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が打撃を受ける中、心身の成長を阻害する危険な「児童労働」に従事している子どもたちの数は20年ぶりに増加に転じ、およそ1億6000万人に達したことが、国際労働機関(ILO)と国連児童基金(ユニセフ)の共同報告でわかった。緊急な対策を講じなければ、その数は来年末までに2億人を突破するリスクがある、と同報告は警告している。

 ILOとユニセフは4年ごとに世界の児童労働の実態を報告にまとめている。児童労働に従事している子どもの数は2000年に2億4600万人に達したが、2016年までには1億5200万人に減少していた。しかし、10日に公表された最新報告によると、2020年はこの減少傾向が一転、特に人口増加や貧困が広がっているアフリカが最大の増加率を示した。

 ユニセフのフォア事務局長は、6月12日の「児童労働反対世界デー」に向けた声明で、「児童労働との闘いにおいて、われわれは後退している。過去1年で情勢は改善してはいない」と指摘。「(感染拡大抑制のための)世界規模のロックダウン(都市封鎖)が2年目となり、学校閉鎖、経済活動の停止、国家予算の縮小により、家庭は(子どもを児童労働に従事させるという)悲痛な選択を余儀なくされている」と語った。

ILOとユニセフは4年ごとに世界の児童労働の実態を報告にまとめている。児童労働に従事している子どもの数は2016年までには1億5200万人に減少していたが、10日に公表された最新報告によると、2020年はこの減少傾向が一転した。写真は2013年12月、カンボジア・コンポンチャム州で岩を運ぶ少女(2021年 ロイター/Samrang Pring)

 国連は、2021年を児童労働撤廃国際年に指定、2025年までに児童労働を撲滅する目標を掲げている。しかし、コロナ禍による経済への打撃や学校閉鎖のため、児童労働の時間が長くなるなど状況が悪化している可能性があると指摘。さらに多くの子どもが最悪の児童労働に追い込まれる恐れがあると懸念を示している。

 各国政府が財政緊縮策を導入したり、十分な弱者救済を怠った場合、児童労働を強いられている子どもたちの数は、2022年末までに2億600万人に増加するだろうと国連では予想する。

続きを読む 2/2

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。