松浦:日本の有人宇宙活動を、今後どう展開すべきと考えていますか。ISSに参画した当初は「冷戦時の西側諸国の一員として参加する」という以上の、例えば「有人活動はどうあるべき」というポリシーはなかったように思うのですが。私からの質問は2つですが、相互に関係し合っています。「国際協力をどうやっていくのか」「有人活動を今後どのように展開していくのか」ということです。

山川:それは、有人技術は、有人の打ち上げの技術だということでしょうか。軌道上のISS日本実験棟「きぼう」は有人技術ではないという意味ですか。

松浦:そうではないです。

山川:あるいは、現在のJAXA宇宙飛行士によるISS滞在は、有人技術ではないという意味でしょうか。

松浦:「きぼう」はもちろん、有人技術ではありますけれども、しかし、日本が自律的に運用できるものではないですよね。

山川:ですから、国際協力でやっているわけです。

松浦:国際協力は、パートナーがいるから楽にできるというものではなく、遂行にはかなりの努力が必要です。国際協力体制を組み上げるにあたっては、自律的な運用能力を持っているかどうかは、交渉力に大きく影響します。そして、現在、中国は既に自律的な有人活動能力を持っていて、インドも有人活動能力を持つべく技術開発を進めています。おそらく次の国際協力計画では、この2国を抜きでというわけにはいかないでしょう。その状況下で日本の有人活動をどう進めていくのかをお伺いしたいです。

山川:現状、日本はISS日本実験棟「きぼう」を提供し、またISSへ無人の宇宙ステーション補給機「こうのとり」を打ち上げて補給業務を担当しています。これにより、年の半分弱ほどの期間、宇宙飛行士1名をISSに滞在させています。宇宙飛行士の累積宇宙滞在期間では、現在日本はロシアと米国に次いで世界で3番目です。そして「きぼう」は、有人宇宙船であるISSの構成部位の一つです。ISSにドッキング中の「こうのとり」も、有人宇宙船ISSの一部になっていると言えます。

 ですから、現状で日本は有人技術を持っていると言っていいと思います。もちろん、人を打ち上げる技術は持っていません。人を宇宙から地球に帰還させる技術も、実施したことはありません。だけど、そこは国際協力としてやっているという意味で、私は、ISSを通じて日本は有人活動を展開しているのだ、と認識しています。

 では、今後はどうなのか、ポストISSではどう活動を展開していくのかは、現在各国間で検討が続いており、まだ確定していません。

松浦:月を周回する軌道に、前進基地としての有人宇宙ステーションを置くという構想がありますね。

山川:ゲートウェイ有人月周回拠点(Lunar Orbital Platform-Gateway)という米国の構想ですね。現在、国際的に検討が進んでいますが、具体的に日本がどのような形で参画するかは決まっていません。今、政府が検討しています。ただし、政府が検討する際にJAXAとしては、こういうことなら可能ではないかというような、いろいろな技術的な検討はしています。

 政府の判断はまだ出ていません。どうするべきかは宇宙政策委員会、あるいは文部科学省の利用部会で議論するわけです。JAXAとしてはその判断を待ちたいと、今、そういう状況です。

Lunar Orbital Platform-Gatewayのコンセプト(画像:NASA)。これは各国宇宙機関が共同で検討しているもので、実際に開発するとなると各国政府の承認と国際協力協定の締結が必要になる。この画像が公表された後も、3月27日にペンス米副大統領が、「5年以内の有人月着陸」をかなり強い調子で米航空宇宙局(NASA)に要求するなど、情勢は流動的である。
Lunar Orbital Platform-Gatewayのコンセプト(画像:NASA)。これは各国宇宙機関が共同で検討しているもので、実際に開発するとなると各国政府の承認と国際協力協定の締結が必要になる。この画像が公表された後も、3月27日にペンス米副大統領が、「5年以内の有人月着陸」をかなり強い調子で米航空宇宙局(NASA)に要求するなど、情勢は流動的である。
[画像のクリックで拡大表示]

未来へ向けての4つの布石

 いずれにしろ、JAXAは将来の有人活動に向けての先行研究として、2018年度から4つの基礎技術に力点をおいて技術を開発しています。先手を打って技術を用意しておこうというわけです。

 まず、月のような強い重力を持つ大きな天体への離着陸技術です。次が重力天体の表面探査技術です。“重力”とわざわざ付けている理由は、「はやぶさ」「はやぶさ2」が実施した微小重力の小天体への着陸技術とは、異なる種類の技術だという意味ですね。

 3番目が、有人の宇宙長期滞在技術です。ECLSS(Environmental Control and Life Support System)、環境制御・生命維持システム、これは宇宙船や有人基地内部で物質が循環する閉鎖生態系を維持運用し、補給物資の量を減らす技術です。

次ページ 有人宇宙探査は、絶対1国ではできません