東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、5月19日から「ディズニー・プレミアアクセス」と呼ばれる新サービスを導入する。これは、1回当たり2000円を支払えば園内の対象アトラクションを時間指定で予約できるもの。対象となるアトラクションは東京ディズニーランド(TDL)の「美女と野獣”魔法のものがたり”」および東京ディズニーシー(TDS)の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の2つで、いずれも園内で一、二を争う人気施設だ。

ディズニー・プレミアアクセスの対象となった東京ディズニーランド(TDL)の「美女と野獣”魔法のものがたり”」 ⓒDisney
ディズニー・プレミアアクセスの対象となった東京ディズニーランド(TDL)の「美女と野獣”魔法のものがたり”」 ⓒDisney

 これまでにも人気で待ち時間の長いアトラクションを優先利用できるサービスは存在した。新型コロナウイルス禍前の2020年3月までは「ファストパス」を運用し、20年9月以降は、運営状況に応じ、一部のアトラクションで「スタンバイパス」と呼ばれるスマホアプリを活用した整理券の取得を求めている。

東京ディズニーシー(TDS)の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」 ⓒDisney
東京ディズニーシー(TDS)の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」 ⓒDisney

 新型コロナ感染対策の観点から導入された仕組みで、スタンバイパスを取得した来園者は、指定された時間に対象施設に並ぶ「権利」を得ることができ、長時間並ばずともアトラクションを楽しめる。長い待機列の短縮化には効果があったが、一方でスタンバイパスを取得しないと対象施設を利用できない不便さもあった。

 プレミアアクセスは、ファストパスやスタンバイパスをさらに進化させたものといえるだろう。発行枚数には上限があるが、お金を払えば「来園者が自分でアトラクションの利用時間を指定できるのが特徴」(オリエンタルランド)で、システムが空き状況を判断し、来園者に利用時間を自動的に指定する従来の仕組みとは異なる。より計画的に園内を回ることができるほか、帰宅時間の早い来園者が人気アトラクションを楽しめない、といった機会損失の防止にもつながる。

 これまでも、入園料が食事、宿泊などとセットになったプラン「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」でアトラクションを優先利用できるサービスを付帯してきたが、優先利用サービスを単体で販売するのは初めてだ。混雑緩和や、来園者の満足度向上に向けたサービスとも捉えられる。問題は、2000円という金額だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1701文字 / 全文2588文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。