全9664文字

 2018年4月の山川宏氏の「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」理事長就任は衝撃的だった。

 JAXA理事長職はこれまで、産業界で経営を経験した者が務めてきた。初代の山之内秀一郎氏(国鉄/JR東日本出身)、2代目の立川敬二氏(NTTドコモ出身)、3代目の奥村直樹氏(新日本製鐵・現日本製鉄出身)――。組織の運営能力が主の人選であり、宇宙と航空の技術開発と研究への理解は従だったのである。

 しかし山川氏は違う。大学で宇宙工学を学び、博士号を取得し、JAXA・宇宙科学研究所で研究者として実績を積み重ねてきた。その間にあまりに有名になった小惑星探査機「はやぶさ」をはじめとした科学衛星や探査機の開発と運用に参加し、水星探査機「みお」では初期のプロジェクト・マネージャーも担当している。京都大学に移ってからは、内閣府の宇宙政策委員会の委員として国の宇宙政策の策定に参加した。そんな宇宙分野のエキスパートが、理事長となったのである。

 就任から1年。そのエキスパートは今、何を考え、日本の宇宙分野をどのように発展させようとしているのか。3回に分けてロングインタビューをお送りする。

山川宏・宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長

松浦:以前、宇宙政策委員会委員に就任した時にもお話をお聞きしましたよね。

山川:2012年のことですね。

松浦:その前は京都大学生存圏研究所教授に就任した時に、初代はやぶさの開発過程の話をお聞きしました。山川さんの経歴は文部省・宇宙科学研究所(ISAS)から京都大学生存圏研究所教授、さらに京都大学の間に兼任で内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長、そして宇宙政策委員会委員。そしてついに、JAXA理事長。とうとう宇宙開発についてのかじ取りを「評価される」立場になってしまいましたね。JAXA理事長就任の経緯はどんなものだったのでしょうか。

山川:宇宙政策委員会委員になった時、「青天の霹靂」という言葉を使いましたけど、今回も同じです。もちろん詳細な経緯は申し上げることはできませんが、実際にはかなり直近になってからお話をいただきました。すぐに受けると決断し、文部科学大臣から任命いただきました。

 ISASから京都大学に移った時は、ロケット開発、衛星開発と、実際の打ち上げや運用については、宇宙研で十分やり切ったという自負と感覚がありました。

松浦:それが2005年9月ですよね。宇宙航空研究開発機構(JAXA)設立が2003年10月だから、ほぼ2年後です。

山川:そうです。全てやりきったから、JAXAをよりよくするためには外から動いたほうがいいだろうという判断が、京都大学に移った理由の一つでした。

松浦:ちょっと勘ぐりを入れさせて下さい。文部科学大臣から任命された、つまり政治としては何か計画的に「JAXAをリードできる人を育てていく」という意志があって、山川さんが眼鏡に適ったというようなことがあったのではないでしょうか。というのも、宇宙開発戦略本部事務局長、そして宇宙政策委員というキャリアは、明らかに「政治と行政を勉強できるポジション」の歴任ですよね。もともと宇宙工学の研究者である山川さんに、さらに政治と行政を勉強してもらって、先々JAXA理事長を務めてもらうというような見通しがあったのかどうか……。というのも川口淳一郎先生も、山川さんの後に、宇宙開発戦略本部事務局長を務めておられます。外から見ていると、将来の理事長候補を何人か選んで、宇宙開発戦略本部事務局長を経験させていたかのように見えるのですけれども。

 なにしろ今回は任期が長いです。2018年4月1日から2025年3月31日。最初から7年もの任期が設定されています。

山川:ええ、7年です。ほんと自分もびっくりしました。申しわけないのですが、自分の人事のことは本当に分からないんです。突然やってくるものなので、その背景については知らされないのです。

 ただ、もちろん内閣官房の事務局長を務めたことで、官僚の実務を経験したこと、次に有識者として、宇宙政策委員会の委員を経験し、実際に政策を考え、決めていくプロセスを知ったということは、今回の私の人事に大きな影響を与えているとは思います。その上で、なおかつ大学の教授としてアカデミーを経験し、その前はJAXAにおいて実際の宇宙機関で仕事をしていたわけですから、そういったいろいろな面から宇宙というものを、技術だけじゃなくて、政策の立場からも経験しているということは、私にとっては非常に大きなプラスになっています。

 ですから、そういった私の経歴に期待されているのではないかと、自分では認識しています。とはいえ直接的に背景や経緯を知らされているわけではありません。あくまで、自分の推測ですね。