米新興電気自動車(EV)メーカー、リビアン・オートモーティブのスカーリンジ最高経営責任者(CEO)は、低迷する株価をテコ入れし、野心的な長期成長計画の資金をねん出するため、電動の商用車とピックアップトラックをもっと多く販売しなければならない。ところが、これらの車を製造する上で必要な部品の調達という段階で壁にぶつかっている。

4月18日、米新興電気自動車(EV)メーカー、リビアン・オートモーティブのスカーリンジ最高経営責任者(CEO)は、低迷する株価をテコ入れし、野心的な長期成長計画の資金をねん出するため、電動の商用車とピックアップトラックをもっと多く販売しなければならない。イリノイ州ノーマルのリビアン工場で11日撮影(2022年 ロイター/Kamil Krzaczynski)
4月18日、米新興電気自動車(EV)メーカー、リビアン・オートモーティブのスカーリンジ最高経営責任者(CEO)は、低迷する株価をテコ入れし、野心的な長期成長計画の資金をねん出するため、電動の商用車とピックアップトラックをもっと多く販売しなければならない。イリノイ州ノーマルのリビアン工場で11日撮影(2022年 ロイター/Kamil Krzaczynski)

 スカーリンジ氏は、リビアンが米国で初めて立ち上げたイリノイ州ノーマル工場の生産ペース加速に不可欠な半導体の全量を確保できていない。

 半導体のサプライヤーが、リビアンは果たして約束した生産台数を本当に達成できるのか懐疑的になっているためだ。工場訪問中、取材に応じた同氏の話では、サプライヤー側はもっと生産実績がある既存メーカーにより多くの半導体を供給している。

 「私はサプライヤーのY社に電話し、別のX社がこれだけ多く供給してくれたと説明する形で、全員を満足させなければならない。なぜなら(リビアンの調達)システムは確かさが証明されていないからだ」と、同氏は語った。

 リビアンが半導体不足を口実にして、もっと深刻な生産上の問題を隠しているのではないか、とサプライヤーが考えている様子で「非常にもどかしい思いがする」という。

 もちろんサプライチェーン(供給網)の面で不透明な状況に置かれている自動車メーカーは、リビアンだけではない。

 コンサルティング会社・アリックスパートナーズの自動車部門マネジングディレクター、ダン・ハーシュ氏は、半導体サプライヤーによる「製品の割り当てが存在するのは間違いない」と指摘する。

 生産台数の少ないメーカーは「本気でやってるのか」と疑惑の目を向けられる一方、大規模生産を続けているメーカーなら1年分に相当する半導体の代金を1回の取引で支払えるためで、生産数量や評判、事業の一貫性という意味で、大手メーカーの方が取引先として魅力があるとの見方を示した。