アマゾンジャパン(東京・目黒)の動画配信サービス「プライム・ビデオ」は4月9日、世界ミドル級王座統一戦として村田諒太選手とゲンナジー・ゴロフキン選手の試合をライブ配信した。プライム・ビデオとして、日本で独自にスポーツ配信をするのは今回が初めて。プライム・ビデオでは6月7日にも井上尚弥選手の世界戦を独占配信する。

 プライム・ビデオはオリジナル作品の拡充に乗り出しており、これまで6年間で44作品だったオリジナル作品を、25年までに新たに50作品前後加える見通し。米ネットフリックスや米ウォルト・ディズニーも日本でのオリジナル作品の制作に力を注いでおり、プライム・ビデオもそうした流れに乗ろうとしているように見える。

アマゾンジャパンは4月9日、国内で初めて独自のスポーツ配信を手掛けた
アマゾンジャパンは4月9日、国内で初めて独自のスポーツ配信を手掛けた

 アマゾンでは月会費500円(年会費は4900円、いずれも税込み)を支払えば、1万本以上のプライム・ビデオが見放題だ。これまでもスポーツ専門のJスポーツのチャンネルを持ち、追加料金を払えばライブ中継などを視聴することはできたが、今回は定額500円の中でのサービスだ。

 今、スポーツを含めたオリジナル作品を強化する戦略について、児玉隆志プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャーに狙いや背景を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3128文字 / 全文3649文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。