プロサッカーチームの大分トリニータは2021年シーズンでJ2リーグに降格となった。降格は4季ぶり3度目だ。少ない予算を戦術で補ってきたが、主力選手が複数引き抜かれた。西山哲平ゼネラルマネージャー(GM)はそのダメージを穴埋めできなかったと悔やむ。地域クラブとしての経営を成立させる難しさは、多くの企業の経営に共通する悩みでもある。

西山哲平(にしやま・てっぺい)氏
西山哲平(にしやま・てっぺい)氏
1975年千葉県柏市生まれ。高校中退後、ブラジル・クリシューマECでプレー、93年ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)でプロデビュー。モンテディオ山形を経て2002年に大分加入、09年引退。16年強化部長、20年から大分トリニータゼネラルマネージャー。

 うちのクラブは予算規模がJ1で最低クラス、2018年にJ1昇格を決めたときでもJ2で真ん中より少し下くらいでした。「予算規模イコール順位」ではないと考えてチームを編成し戦っているつもりではありますが、長い目で見るとどうしてもその2つがリンクしてくるのも事実です。

 そのため、ゼネラルマネージャーの私や招へいしてくる監督がいかに工夫してチームを作っていくか、戦術を積み上げていくかがポイントだと思っています。昨シーズンも、それ以前もずっと継続してやってきました。

 その中で、毎年のように選手をビッグクラブに引き抜かれてしまう現実があります。J1に復帰した19年、20年はその移籍のダメージよりも積み上げてきたもののほうが上回っていたので、リーグ戦の順位も中位で残留できました。

プロサッカーチームの大分トリニータは2021年シーズンでJ2リーグに降格となった。降格は4季ぶり3度目だ。
プロサッカーチームの大分トリニータは2021年シーズンでJ2リーグに降格となった。降格は4季ぶり3度目だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1835文字 / 全文2353文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。