風邪薬やせき止め薬などの市販薬を大量に摂取して、多幸感や高揚感に酔う10代の若者が急増している。2021年12月には、滋賀県守山市のアパートで女子高校生が死亡しているのが見つかった。死因は薬物中毒で、部屋に残されていたせき止め薬や睡眠導入剤などの空き包装シートには、医師が処方せずとも、ドラッグストアで手軽に買える市販薬が含まれていた。

 厚生労働省の麻薬取締官として40年近くにわたり薬物問題と向き合ってきた国際麻薬情報フォーラムの瀬戸晴海副代表理事に、深刻化する「市販薬汚染」の実態と対策を聞いた。

瀬戸晴海(せと・はるうみ)氏
瀬戸晴海(せと・はるうみ)氏
1956年、福岡県生まれ。80年、厚生省麻薬取締官事務所(現・厚生労働省麻薬取締部)に入り、麻薬取締官となる。麻薬取締部の実質的本部である関東信越厚生局麻薬取締部の部長などを歴任し、2018年に退官。現在は講演や執筆などを通じて、麻薬撲滅に向けた啓発活動に取り組む。2020年から国際麻薬情報フォーラム副代表理事を務める。

市販薬を乱用する10代が増えています。厚労省研究班の調査によると、2020年に薬物依存などで精神科の治療を受けた10代の患者のうち、「主に使用した薬物」が「市販薬」だった人は56%に上りました。14年の調査で1人もいなかったことを考えると、市販薬を乱用する10代が急速に増えています。

国際麻薬情報フォーラムの瀬戸晴海副代表理事(以下、瀬戸氏):「金(きん)パブ」って知っていますか? 一部の若者たちは「パブロンゴールドA」をそう呼ぶなどして、パブロンシリーズをはじめとする風邪薬を1度に20錠や30錠といった単位で摂取しています。体に耐性ができるのに伴って摂取量を増やしていき、最終的に1度に100錠以上を飲むようになってしまう若者もいます。

 せき止めシロップ薬の「新ブロン液エース」なども、よく使われています。毎日のように瓶ごとゴクゴクと飲み、「ブロン漬け」になっています。

 こうした市販薬にはアヘンや覚醒剤の原料になる成分がわずかに含まれており、大量に服用すれば多幸感や高揚感を覚えます。

失恋や外出自粛がきっかけ

若者たちはどんな心境で市販薬を大量摂取しているのですか?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1582文字 / 全文2326文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。