売り切りではなく、定額制サービスに限定

 量産EVの先駆的存在である日産自動車の「リーフ」は2010年末の発売以来、電池に起因する火災事例はない。しかし、初代リーフのユーザーからは、電池の寿命に対する不満の声がかつて上がっていた。電池が劣化して電池の容量が減り、その結果、航続距離が短くなるため、車の下取り価格も安くなるという悪影響も出ていた。

 トヨタはbZ4Xの販売手法を国内では「売り切り」を採用せず、定額制サービスに限定する。定額制料金にはメンテナンス費用が含まれ、電池が劣化した際には交換することが可能。劣化や下取り価格が低下する可能性などユーザーの不安を1つずつつぶし、EVに乗ることへのハードルを下げたい考えだ。トヨタにとっても使用済み電池を回収して車や蓄電池に再利用でき、環境対応やコスト削減につなげられる。

 bZ4X開発責任者でトヨタZEVファクトリーの井戸大介主査は試乗会の参加者に対し、実際に乗って気づいたことを積極的に聞かせて欲しいと訴えた。「プロトタイプはほぼ完成形だが、試乗会でのアドバイス、『もう少し、こうした方がいいんじゃないか』といった声の中で、発売までに手が入れられるものはできるだけ(反映して)完成度を上げたい」と述べた。

(白木真紀、杉山聡  編集:久保信博)

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「1時間で完全理解 『量子コンピューター』は何がすごいのか」

 岸田内閣の「新しい資本主義」の重点投資に組み込まれた量子コンピューター。既存のコンピューターよりも処理速度が速いといわれる量子コンピューターですが、その技術や、我々の社会や経済をどう変える可能性があるのかを理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。

 日経ビジネスLIVEでは9月13日(火)19:00~20:00に「1時間で完全理解、 『量子コンピューター』は何がすごいのか」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、住友商事で新規事業創出を担うQXプロジェクト代表・寺部雅能氏と、業界動向に詳しい野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員の藤吉栄二氏。量子コンピューターの技術的な特徴から、ビジネス活用の最前線まで分かりやすく解説します。

■開催日:2022年9月13日(火) 19:00~20:00(予定)
■テーマ:1時間で完全理解、「量子コンピューター」は何がすごい?
■講師:寺部雅能氏(住友商事QXプロジェクト代表)、藤吉栄二氏(野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。