原油価格は向こう数カ月上昇を続け、1バレル=100ドルを突破する可能性がある――。複数の石油輸出国機構(OPEC)高官がロイターにこうした見方を示した。需要回復と、主要産油国の増産能力が限定的なことなどが理由だ。

 原油が直近で100ドル台に乗せたのは2014年。その前の2年間の平均価格は110ドルだった。そして米シェール業界の生産が急増し、主要産油国の生産競争が激しくなった14年を境に始まった長期低落局面が、新型コロナウイルスのパンデミックから世界経済が立ち直るとともに、終幕を迎えようとしているようだ。

 ごく最近まで、原油が100ドル台に達する公算は非常に小さいと思われていた。ところが20年のパンデミックに伴う未曽有の規模での需要減少から市場は急速に持ち直しつつある。

原油価格は向こう数カ月上昇を続け、1バレル=100ドルを突破する可能性がある――。メルボルンの製油施設で2010年6月撮影(写真:2022年 ロイター/Mick Tsikas)
原油価格は向こう数カ月上昇を続け、1バレル=100ドルを突破する可能性がある――。メルボルンの製油施設で2010年6月撮影(写真:2022年 ロイター/Mick Tsikas)

 需要が戻り、OPECと非加盟産油国でつくる「OPECプラス」の減産縮小は極めて慎重に行われている。このため昨年50%跳ね上がった北海ブレント価格は、足元で1バレル=87ドル近辺で推移。今年に入ってリビアなど幾つかの国で生産が滞り、オミクロン株が需要に及ぼす影響が限られていることも、今年に入って原油高が一層進んだ要因だ。

 OPECは原油価格の予想や、公式に目標とする水準を公表していない。OPECプラスの閣僚や当局者も、価格が上がるか下がるか、あるいは好ましい水準についての議論にはこれまで消極的な姿勢を示してきた。

 ただロイターが5人のOPEC高官に非公式な形で価格が100ドルをつけるかどうか聞いた結果、4人はその可能性を否定しなかった。残る1人はありそうにないと答えた。取材した高官の何人かは、OPECとOPECプラスの委員会に所属している。

 高官の1人は「少なくとも今後2カ月間は、原油価格への圧力が増すだろう。こうした環境で、価格は100ドルに迫るかもしれないが、値動きが安定しないのは間違いない」と述べた。

次ページ 増産余力がない多く産油国