何のトラブルもないスムーズな帰還だった。トラブルがないことこそが劇的だった――。

 小惑星リュウグウの探査を終えた宇宙航空研究開発機構(JAXA)・宇宙科学研究所の小惑星探査機「はやぶさ2」は2020年12月5日には採取したサンプルを搭載した再突入カプセルを分離。カプセルは翌6日午前2時28分頃に大気圏に再突入し、オーストラリア南部のウーメラ砂漠にパラシュート降下。同日回収に成功した。0.1gでも採取できれば成功とされていたサンプルは、カプセル開封後に約5.4gも入っていることが確認された。

 はやぶさ2は、2014年12月に打ち上げられ、2018年6月に目的地である小惑星リュウグウに到着(炭素を持つ「C型」という分類の小惑星である)。1年半にわたって探査を実施し、その間に2回の着地とサンプル採取に成功した。2019年11月から地球帰還を開始し、カプセルを無事地表に送り届けた。

2020年12月6日、オーストラリア・ウーメラ砂漠に、はやぶさ2の再突入カプセルは帰還した(画像:JAXA)
回収された再突入カプセルに入っていた、小惑星リュウグウのサンプル(画像:JAXA)

 探査機本体はほぼ健全な状態で、再び地球を離れて太陽の周囲を巡る軌道に入った。今後は2026年7月に小惑星2001CC21の側を通過して観測を行い、2027年12月と2028年6月に地球スイングバイを実施。2031年7月に小惑星1998KY26にランデブーして詳細探査を行うという延長計画が予定されている。

カプセルを分離したはやぶさ2の本体は、新たな旅へと向かった。はやぶさ2搭載カメラが撮影した地球(画像: JAXA、産総研、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大)

 小惑星を観測し、表面に降りてサンプルを採取し、地球に持ち帰る。しかも探査機は無傷で余力は十分、文句なしの大成功である。

 日本政府は12月17日、計画を率いる津田雄一プロジェクト・マネージャ(JAXA宇宙科学研究所教授)以下のはやぶさ2開発チームに、内閣総理大臣顕彰を授けてその栄誉を祝した。

軌道修正から再突入カプセル分離、再度軌道修正と一連の作業を終えたはやぶさ2運用チームの記念写真。彼らがはやぶさ2を完璧に運用した。(画像:JAXA)

 ここで顕彰よりもはるかに大事なことがある。「はやぶさ2の次の宇宙探査をどうするか」だ。まず必要なのはビジョンであり、次に構想であり、研究と技術開発であり、そして最も大切なのが予算の確保である。

続きを読む 2/5 太陽系探査の定石「接近観測・周回・着陸・サンプルリターン」

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。