全1235文字

 ベストセラー漫画「ドラゴン桜」でおなじみの弁護士・桜木建二。最近では、バーチャルYouTuber(VTuber)としても活動する弁護士・桜木が、日経ビジネス電子版に登場。ビジネスパーソンの悩みを一刀両断する。

 連載6回目に相談に訪れたのは、人材サービスの会社に勤務する渡部さん。彼女は現在、アプリケーションのデザインを主業務としながら、同時におよそ10人のチームを束ね、新卒採用などにも携わっている。

 渡部さんの最近の悩みは、「リーダーの責任範囲がどこまでなのか」「メンバーのキャリアについて、どこまでサポートすべきなのか」ということ。

 チームを束ねていると、どうしてもリーダーの元には色々な相談が寄せられる。「今の仕事は思っていた内容と違う。未来のキャリアプランを描けるような仕事をしたい」「このまま同じ仕事を続けて、果たして成長できるのか」「転職した方がよいのだろうか」……。

 誰しも、自分が完全に納得し、満足できる仕事ばかりを任されるわけではない。与えられた目の前の業務を続けて、果たして自分は成長できるのか。理想とするキャリアプランを構築できるのか。そんなふうに迷ったときには、つい上司やリーダーに相談したくなるものだ。

 そして部下の年齢が若ければ若いほど、こういった相談を持ちかけられるマネジャーは多いはず。メンバーがキャリアや人生の相談を持ちかけてきたとき、リーダーはどのように対応すべきなのか。メンバーの悩みを受け止め、彼らの抱える課題を解決してあげるべきなのだろうか。

 そんな悩みに、桜木がほえた。

 「上司は、部下の親でも先生でもない」
 「他人の人生に責任を持つ必要はない」
 「部下が悩みを言ってくるのは、単に上司に構ってほしいだけ」
 「自分のことを大切に思っているか確認したいだけなんだ」

 上司の仕事は部下のために答えを探すことではない。むしろ部下の人生の課題を上司が解決してはいけない、と説いた。部下だって、自分の人生の答えは自分で見つけたいはずだ。そして、自分で答えを見つけるから人生は楽しい。

 では、相談に来たメンバーに対して、リーダーがすべきことは何なのか。桜木が打ち出した別の「解」は何か。動画で見てみよう。

>>続きは上の動画で

 ビジネスパーソンの日々の悩みを、桜木が一刀両断! 「悩んでいるやつはオレのところに相談に来い!」。桜木に直接、相談したい人を募集中。下のフォームから応募しよう。

【「ドラゴン桜の課長塾」相談者応募フォーム】

桜木 建二(さくらぎ・けんじ)
弁護士
元暴走族のリーダーで、現在は桜木法律事務所の所長を務める東大卒弁護士。龍山高校特別進学クラスを創設し、担任を受け持つ。平均偏差値36の高校生を相手に、東京大学合格への独自の勉強法を伝授。その経験をもとに、YouTubeをはじめ、様々なメディアで活動中。現在は偏差値50の一般的な学生、天野と早瀬を東大に行かせるために、再度、特進クラスを創設している。
(C)プロジェクト桜