全3810文字

 日本イノベーター大賞の受賞者からイノベーションのヒントを学ぶ。最終回は、「日経ビジネス50周年特別賞」を受賞した、ラクスル創業者の松本恭攝社長CEO(最高経営責任者)。シェアリングエコノミーの考えを印刷業界に持ち込み、稼働率の低い印刷機を持つ印刷会社とユーザーをマッチング。ユーザーは印刷コストを削減できるだけでなく、印刷会社の設備稼働率も高まるというビジネスモデルを生みだした。

■本日開催!第17回 日本イノベーター大賞 表彰式 観覧募集(無料)

第17回 日本イノベーター大賞の受賞者や選考委員が一堂に集まる表彰式をご覧になりませんか。観覧希望(無料)を受け付けます。定員(200人)に達し次第、締め切らせていただきます。

  • +日時:2019年2月26日(火) 16:30~(16:00受付開始)
  • +第1部:16:30~17:20 表彰式
  • +第2部:17:30~18:30 受賞者・選考委員によるトークセッション
  • +場所:グランドプリンスホテル高輪プリンスルーム(東京・港区)

観覧ご希望の方は、以下の登録フォームにご記入ください。

>>観覧希望受付<<

■日本イノベーター大賞の詳細
日本イノベーター大賞受賞者決定、大賞は良品計画の金井政明会長

◇大賞
金井政明氏 良品計画 代表取締役会長(兼)執行役員

◇日経ビジネス賞
関家一馬氏 ディスコ 代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)

◇日経ビジネス50周年特別賞
松本恭攝氏 ラクスル 代表取締役社長CEO

◇日経xTECH(クロステック)賞
島正博氏 島精機 代表取締役会長

◇日経クロストレンド賞
キズナアイ バーチャルYouTuber
(代理人:大坂武史氏 Activ8代表取締役)

◇日経ビジネスRaise賞
小林晋也氏 ファームノート 代表取締役

◇日経ビジネスRaise賞ベスト5(ファームノート小林氏に次ぐ上位)
城口洋平氏 ENECHANGE 代表取締役会長
羽生雄毅氏 インテグリカルチャー 代表取締役
石﨑雅之氏・フレッド・アルメイダ氏 アセントロボティクス 代表取締役CEO/創業者・チーフアーキテクト
倉原直美氏 インフォステラ 代表取締役CEO

まつもと・やすかね。1984年生まれ。慶応義塾大学商学部卒業後、2008年にA.T.カーニー入社。09年9月にラクスル創業。13年に印刷、15年に物流のシェアリングサービスを展開。18年に東証マザーズ上場(写真:北山宏一、以下同じ)

ラクスルが手掛けるシェアリングビジネスの概要を聞かせてください。

松本恭攝氏(ラクスル社長CEO=最高経営責任者、以下、松本氏):はい。我々は大きく2つの事業を手掛けています。印刷の「ラクスル」と物流の「ハコベル」です。ラクスルは、印刷のEC(電子商取引)なのですが、自社では印刷工場を持たずに、日本全国の中小の印刷会社をネットワークして仮想的に一つの巨大な印刷工場とみなしています。そして、ECサイトでお客様に名刺やチラシ、ポスターを注文いただき、中小の印刷会社さんに印刷していただきます。印刷したい人と印刷会社の空き時間をつなぐサービスです。

 ラクスルでは印刷に加えて広告ビジネスも展開しています。例えば、新聞を講読している方に折り込みチラシとしてチラシを配布する、テレビCMの枠をECで購入いただき制作・放映するといったサービスです。

 もう一つのハコベルは「物流のウーバー」と言えます。車両台数が40台くらいまでの中小の物流会社を中心に我々のサイトに登録いただいています。荷主であるお客様と、空き時間のある運送会社をマッチングするサービスになります。

ビジネスの現状は?

松本氏:我々は印刷、広告、物流、この3つの業界で事業を展開していますが、印刷から始まったためその比率が高かった。ですが現在は印刷の売上高比率は7割強くらいまで下がっています。「印刷のラクスル」というイメージがありますが、印刷以外のビジネスの割合が高まってきました。

印刷業界が非効率と気付いた

ラクスル起業の経緯を教えてください。

松本氏:私が起業したのは10年前の2009年になります。当時はリーマンショック直後。コンサルティング会社で主に大企業のコスト削減プロジェクトを手掛けていましたが、大企業の間接費用を調べる中で、印刷が一番削減率の高い、つまり非効率な業界だと気付きました。