全1809文字

 日本イノベーター大賞の受賞者からイノベーションのヒントを学ぶ。第8回は、「日経ビジネス賞」の半導体製造装置を手掛けるディスコの関家一馬社長CEO(最高経営責任者)。独自の社内通貨を発明し、個人が主体的に経営参加する仕組みを構築。働き方改革の一歩先を行く。

■第17回 日本イノベーター大賞 表彰式 観覧募集(無料)

第17回 日本イノベーター大賞の受賞者や選考委員が一堂に集まる表彰式をご覧になりませんか。観覧希望(無料)を受け付けます。定員(200人)に達し次第、締め切らせていただきます。

  • +日時:2019年2月26日(火) 16:30~(16:00受付開始)
  • +第1部:16:30~17:20 表彰式
  • +第2部:17:30~18:30 受賞者・選考委員によるトークセッション
  • +場所:グランドプリンスホテル高輪プリンスルーム(東京・港区)

観覧ご希望の方は、以下の登録フォームにご記入ください。

>>応募する<<

■日本イノベーター大賞の詳細
日本イノベーター大賞受賞者決定、大賞は良品計画の金井政明会長

◇大賞
金井政明氏 良品計画 代表取締役会長(兼)執行役員

◇日経ビジネス賞
関家一馬氏 ディスコ 代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)

◇日経ビジネス50周年特別賞
松本恭攝氏 ラクスル 代表取締役社長CEO

◇日経xTECH(クロステック)賞
島正博氏 島精機製作所 代表取締役会長

◇日経クロストレンド賞
キズナアイ バーチャルYouTuber
(代理人:大坂武史氏 Activ8代表取締役)

◇日経ビジネスRaise賞
小林晋也氏 ファームノート 代表取締役

◇日経ビジネスRaise賞ベスト5(ファームノート小林氏に次ぐ上位)
城口洋平氏 ENECHANGE 代表取締役会長
羽生雄毅氏 インテグリカルチャー 代表取締役
石﨑雅之氏・フレッド・アルメイダ氏 アセントロボティクス 代表取締役CEO/創業者・チーフアーキテクト
倉原直美氏 インフォステラ 代表取締役CEO

せきや・かずま
1966年生まれ。88年慶応義塾大学理工学部卒。米国留学を経て、89年ディスコ入社。94年技術開発部長、2002年常務などを経て、09年社長兼COO(最高執行責任者)。17年6月から現職。
(写真=竹井 俊晴)

 第17回日本イノベーター大賞で「日経ビジネス賞」を受賞した、半導体製造装置を手掛けるディスコ社長の関家一馬社長は、社内通貨「Will(ウィル)」を使った革新的なマネジメントシステムを構築した。すべての仕事にはウィルを単位とした価格が付き、社員は自分で業務を選ぶ。完了すればウィルがもらえる。逆に会議室などの社内資源を使ったり、仕事をほかの人に頼んだりする際はウィルを支払う。

 こうした社内のやり取りで貯めた「個人ウィル」は、ボーナスで報酬に反映される。無駄な仕事を発生させず、「ウィルを稼ぐ」仕組みを見える化して、働く一人ひとりのやる気を引き出すユニークなシステムだ。

 個人ウィルを稼ぐ手段は、仕事を請け負うことだけではないようにしている。そこに、関家社長のこだわりがある。社員が現在の業務をより効率よくする方法を考え、実行し、その成果を対戦方式で発表する「PIM対戦」。勝つとウィルを獲得できるため、業務改善へのモチベーションが自然と上がる。例えば工場では、使った道具をより効率よく洗う方法や、無駄なく動けるレイアウトなど様々な施策が対戦で発表されている。生産現場だけでなく、総務や経理などすべての部署が対象だ。

 「社員一人一人が自分で考えて自分で決める。社員の思考機会を増大することを経営テーマとしてやってきた」。関家社長はウィル経営の根幹にある思想をこう語る。

 日経ビジネスは昨年6月、特集「ポストアメーバ ディスコが挑む超個人主義経営」で関家社長が実践するユニークな経営手法を徹底分析した。京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が提唱してきた、組織を小集団に分けて社員の経営参加意識を高める「アメーバ経営」は有名だが、関家社長はこれとは別に、個人が主体となる経営を目指している。

 関家社長の「超個人主義経営」の神髄とは?

>>続きは下の特集記事をご覧ください