ドイツ経済の重鎮であり、シュレーダー政権時代の改革にも深く関与したローランド・ベルガー氏。保護主義がなぜ台頭し、反グローバル運動がなぜ起こったか、それが世界経済やビジネスにどのように影響するかについて、ドイツの視点で解説する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り677文字 / 全文686文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題