独コンサルティング会社ローランド・ベルガーの創業者である、ローランド・ベルガー氏。かつてはシュローダー政権での改革に顧問として携わったほか、国際機関のアドバイザーを務めるなど、ドイツと欧州連合(EU)の政治経済の改革に様々な形で影響を及ぼしてきた。定期的に来日し、日本ファンでもあるベルガー氏に、米中、米欧の経済対立などで混沌とする世界の政治経済やビジネスについて、現状の分析や今後の展望について聞いた。
(写真:PIXTA)