中国は、来年発足するバイデン政権をどのように見るであろうか。環球時報は「米中関係を改善させるとの信念を放棄してはならない。最も根本的な方策は、中国が強くなり、米国の圧力に屈することなく、中国と協力することが米国にとって最善の道だと思わせることにある」と説く。その一方で懸念されるのは中国におけるナショナリズムの高まりだ。米国でも「戦争の危機は次の10年が最大」との見方が浮上する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1389文字 / 全文4082文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。