全4667文字
ISの指導者だったアブバクル・バグダディ(写真:Islamic State Group/Al Furqan Media Network/ロイターTV/アフロ)

 米軍特殊部隊は2019年10月26日、シリアのイドリブ県ハーレム郡バーリーシャー村近郊に潜伏していたテロ組織イスラーム国(以下、IS)の指導者アブー・バクル・バグダーディー(以下、バグダディ)を殺害した。一報を聞いて驚いたのは、バグダディの潜伏場所がシリア北部のイドリブだった点だ。なぜ驚いたのかと言えば、イドリブは、シリアのアサド政権に反対する反政府勢力の拠点であり、しかもそうした勢力の大半がISとも激しく敵対していたからだ。

 個人的には、バグダディの潜伏先はシリアとイラクの国境付近ではないかと見ていた。このあたりは、バーグーズやブーカマールなどISが最後まで拠点を維持していたところであり、ちょっと行けばイラク国境を越えられ、追っ手をまきやすいということも念頭にあった。

 もちろん、トルコ国境近くにいるのではないかとの説もあったので、ISウォッチャーにとって想定外というわけではなかったろう。実際、現場のバーリーシャー村は、さまざまなジハード主義勢力が入り込んでおり、主たる勢力は「シャーム解放委員会(HTS)」であるものの、少数ながらISの細胞もいたようである。

 しかし、バグダディがISのライバル組織の家に隠れていたというのはまったくの想定外であった。バグダディが潜伏していた家の所有者はアブー・ムハンマド・ハラビーという人物で、「フッラースッディーン」という組織に属していたとされる(この人物も米軍により殺害されたもよう)。この組織はアルカイダの事実上のシリア支部であり、ISと対立していた。ISの源流の一つがアルカイダのイラク支部であるのは言うまでもない。そのISがアルカイダと対立しているのをいぶかる人もいるだろう。まあ、一種の近親憎悪と言えるかもしれない。

 シリアには、アルカイダのシリア支部的な位置づけをされる組織として、フッラースッディーンのほかに、上述のHTSがある。ところが、この2つもまた仲が悪い。外部から見れば、ISも含め、みなアサド政権と戦っているし、イデオロギー的にも大した相違はないはずだが、現実には互いに衝突し合っている。もちろん、バグダディ自身はアルカイダのメンバーではなかったので、アルカイダ系組織と対立しても何とも思わなかっただろう。

分派と合従連衡を繰り返し複雑化したジハード組織の関係

 閑話休題。バグダディとフッラースッディーンの関係だ。なぜバグダディは、対立する組織のメンバーに保護を求めたのだろうか。モスルとラッカというISの首都が陥落したのち、バーグーズなど最後の砦(とりで)まで失い、追い込まれていたことは間違いない。どこに逃げるにせよ、選択肢はそう多くなかったはずだ。比較的説得力のあるのは次の2つであろう。