全8779文字

 韓国が11月22日、GSOMIAについて破棄通告の効力を停止すると発表した。「同協定の継続を望む米国から強い圧力を受け、あらがうことができなかった」との見方が支配的だ。一方、朝鮮半島情勢に詳しい武貞秀士氏は「韓国は、日本が否定する、GSOMIAと輸出管理のリンクに成功した」外交のアートと見る。

(聞き手 森 永輔)

「国民との対話」に出演した韓国の文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

韓国が11月22日、GSOMIAについて破棄通告の効力を停止すると発表しました。武貞さんにとってこの決定は想定の範囲内だったのでしょうか。それとも驚きの発表だったのでしょうか。

武貞:私は、韓国がGSOMIA破棄を覆す可能性は低いと考えていました。もし、流れが変わるとしたら、米国による説得が韓国に決断を促すか、GSOMIAの継続を望んでいた韓国国防省が、青瓦台(韓国大統領府)に対し巻き返しを図った場合だろうと、見ていました。

武貞 秀士(たけさだ・ひでし)氏
拓殖大学大学院客員教授
専門は朝鮮半島の軍事・国際関係論。慶應義塾大学大学院博士課程単位取得退学。韓国延世大学韓国語学堂卒業。防衛省防衛研究所に教官として36年間勤務。2011年、統括研究官を最後に防衛省退職。韓国延世大学国際学部教授を経て現職。著書に『韓国はどれほど日本が嫌いか』(PHP研究所)、『防衛庁教官の北朝鮮深層分析』(KKベストセラーズ)、『恐るべき戦略家・金正日』(PHP研究所)など。

 しかし、11月18日の週に入って、青瓦台の高官の間から「条件付き延長ならば(その話に)乗れないことはない」という話が聞かれ始めました。「どういう条件かな」と考えていたら、(1)日本の対韓輸出管理厳格化をめぐる日韓協議が続く間はGSOMIAを維持する、(2)同じ期間、WTO(世界貿易機関)への提訴手続きを停止する、というものでした。金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長は「韓国はいつでもGSOMIAを終了できる前提で効力を停止した。日本政府も理解を示した」と言っています。

 これは「韓国は米国から強い説得を受け、やむを得ずGSOMIA破棄の決定を覆した」という見方が誤りであることを示しています。

それは、どういうことでしょう。韓国はいったん決めたGSOMIA破棄を実行できませんでした。世論調査によると、回答者の51%が破棄を望んでおり国民の支持があったにもかかわらずです。GSOMIAの破棄だけでなく、WTOへの提訴も停止することになりました。

 「協議」というのは次官級の政策対話のことですね。これはかねて日本が韓国に求めていたもの。この対話が滞ったことが、輸出管理を厳格化する理由の1つに挙げられました。韓国はこの要求ものまざるを得なかった。こうした理解が一般的です。