共産党は自らの「正史」を書く立場にない?

 そうだとすれば、今回の歴史決議は、毛沢東と鄧小平の権力闘争勝利の結果として生まれた過去2回の「歴史的問題に関する決議」とは異なり、中国共産党の「歴史的正統性」を確定する文書としての性格が強いのではないかと筆者はみる。しかし、共産党を含む歴代王朝の歴史的正統性を記す文書は、通常、中国では「正史」と呼ばれるものだ。共産党がこのような文書を発表すること自体に筆者は「若干の違和感」を覚えざるを得ない。

 伝統的に中国では、王朝が滅んだ際に、次に正統を継いだ王朝が国家事業として、前王朝の皇帝ごとの「実録」を基に「正史」を編纂(へんさん)してきた。この作業により、王朝が正統に代替わりしたことを世間に知らしめるのだという。そうだとすれば、中国共産党が前王朝である清朝、あるいは中華民国の「正史」を書くことはできるが、今回の第3「歴史決議」のような、共産党自らの「正史」を書くことはできないはずである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1215文字 / 全文3049文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。