ドイツ連立交渉。社会民主党主導で、緑の党、自由民主党との3党連立へ大枠合意(写真:AFP/アフロ)
ドイツ連立交渉。社会民主党主導で、緑の党、自由民主党との3党連立へ大枠合意(写真:AFP/アフロ)

ドイツ連邦議会選挙で躍進した社会民主党(SPD)は10月15日、緑の党および自由民主党(FDP)との準備協議を終えて政策合意書を公表。SPDはクリスマスまでに3党連立政権を誕生させると宣言した。

 3党の首相候補と党首たちは、「我々は2週間の準備協議によって、様々な政策について合意することに成功し、ドイツを改革するための基盤をつくった」として、近く3党連立政権を樹立するための正式交渉に入ると発表した。

 これに対し、前回選挙(2017年)から得票率を約9ポイント減らしたキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は緑の党、FDPとの準備協議をまだ終えておらず、連立政権を樹立できる見込みは日一日と減っている。CDU・CSUのアルミン・ラシェット首相候補は、敗戦の責任を取って党首を辞任する意向をほのめかしている。

 SPDのオラフ・ショルツ首相候補(現財務相兼副首相)は次期首相の座に向けて、大きな一歩を踏み出したと言える。

SPDのオラフ・ショルツ首相候補(写真:熊谷 徹)
SPDのオラフ・ショルツ首相候補(写真:熊谷 徹)

緑の党とFDPの「蜜月」?

 3党が10月15日に公表した政策合意書は、準備協議の内容を記録したサマリーだ。3党が本交渉後に調印する連立契約書と違って拘束力は弱い。だがこの文書から、準備協議の中で3党が新政権を樹立するために極めて柔軟な姿勢を示し、お互いに「ウィン・ウィン」の状態をつくり出そうと努力していることが伝わってくる。

 3党の路線には、隔たりもある。SPDと緑の党は中道左派政党。FDPは、企業経営者や自営業者を支持基盤とする、新自由主義政党だ。SPDと緑の党が「大きな政府」を目指すのに対し、FDPは「小さな政府」や規制緩和、企業の国際競争力維持を重視する。

 FDPのクリスティアン・リントナー党首は、9月26日の連邦議会選挙の直後、緑の党と迅速に合意できるかどうか、その見通しに慎重な態度を崩さなかった。

FDPのクリスティアン・リントナー党首(写真:熊谷 徹)
FDPのクリスティアン・リントナー党首(写真:熊谷 徹)

 その理由は、2017年の連邦議会選挙の後、CDU・CSUが緑の党、FDPとの連立交渉を行ったときに、緑の党とFDPが財政政策やエネルギー政策をめぐって対立し、交渉が決裂したからだ。当時リントナー氏は「政策を曲げて政権に加わるより、野党でいる方がましだ」という捨てぜりふを残して、交渉の席を立った。

 だがリントナー氏は10月15日の共同記者会見で「この準備協議によって、新たな政治の方向性が生まれたような気がする。ドイツが新しい旅に出ることは可能かもしれない」と述べ、3党連立について楽観的な姿勢を示した。

 SPDのショルツ首相候補は「我々はこの政権によって、過去100年間で最も大規模な産業近代化プログラムを実施する」と語った。緑の党のアンナレーナ・ベーアボック共同党首は「この合意文書を基に、我々は改革と進歩のための政権をつくる」と述べた。ドイツのあるメディアは「3党の幹部たちは、まるで新婚旅行に来たような、浮き浮きした雰囲気の中にある」と評した。

緑の党のアンナレーナ・ベーアボック共同党首(写真:熊谷 徹)
緑の党のアンナレーナ・ベーアボック共同党首(写真:熊谷 徹)
続きを読む 2/4 緑の党の公約が多数盛り込まれた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2140文字 / 全文6168文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。