日華平和条約の扱いを巧みに処理

 交渉で最大の対立点になったのは日華平和条約をめぐる問題だった。双方の基本的な考え方が真っ向から衝突、交渉は2日目にして暗礁に乗り上げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1589文字 / 全文3230文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。