尖閣めぐる「喉に刺さった骨」除いた日台漁業協定

 ここで、日本で安倍政権が登場し局面が動いた。安倍首相は腹心の北村滋内閣情報官をひそかに台北に派遣し馬英九総統の意向を探った。馬英九総統は、領土問題で中国とは連携しない立場を明確に打ち出した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2370文字 / 全文4435文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。