「変わるのはよいが、中国はわれわれのような民主主義国家の方向に向かっていないではないか」という意見もあろう。だが、中国は長い歴史と独自の文化を持つ国だ。たとえわれわれ式の民主主義に近づいたとしても、それは「中国の特色ある」ものにならざるを得ない。

 現に胡錦濤・温家宝政権は、共産党の指導という前提付きではあるが中国式民主化を進めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1557文字 / 全文4671文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。