全5332文字

韓国で4月15日、国会の総選挙が行われた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領を支える与党陣営が180議席を獲得し大勝する結果となった。もう1つの注目点はポスト文在寅の行方。与野党それぞれの最有力候補による直接対決は、与党の李洛淵(イ・ナギョン)氏が制した。ポスト文在寅の地位を固めたい同氏は、対日政策で強硬姿勢を続けて韓国の国益実現を追求するとみられる。知日派だけに手ごわい相手となる。朝鮮半島研究の重鎮、武貞秀士・拓殖大学客員教授に聞いた。

(聞き手 森 永輔)

ポスト文在寅の直接対決を制した李洛淵氏(写真:ロイター/アフロ)

韓国で4月15日、国会の総選挙が行われ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領を支える与党陣営が180議席を獲得しました(総議席数は300)。武貞さんはどこに注目していましたか。

武貞:大きく2つあります。1つは与野党の陣営がそれぞれどれだけの議席を獲得するか。もう1つはポスト文在寅の争いにどう影響するか、です。

武貞 秀士(たけさだ・ひでし)氏
拓殖大学大学院客員教授 専門は朝鮮半島の軍事・国際関係論。慶應義塾大学大学院博士課程単位取得退学。韓国延世大学韓国語学堂卒業。防衛省防衛研究所に教官として36年間勤務。2011年、統括研究官を最後に防衛省退職。韓国延世大学国際学部教授を経て現職。著書に『韓国はどれほど日本が嫌いか』(PHP研究所)、『防衛庁教官の北朝鮮深層分析』(KKベストセラーズ)、『恐るべき戦略家・金正日』(PHP研究所)など。

 第1の注目点である獲得議席は、革新系の与党陣営が総議席の5分の3を押さえるビックリの結果になりました。与党でさえ呆然(ぼうぜん)としています。

 同じく革新系の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が政権に就いていた2004年の総選挙で、与党は過半数である152議席を獲得しました。ノ・ムヒョン後に2代続いた保守政権--李明博(イ・ミョンバク)政権と朴槿恵(パク・クネ)政権--は与野党の議席が伯仲する状態が続きました。前回の2016年の選挙では朴槿恵政権下で与党セヌリ党が惨敗して野党の「共に民主党」が多数を確保しました。

 韓国の大統領は非常に強い権能を持っています。このため国民はチェック・アンド・バランスの観点から国会の選挙では野党に力を与える傾向があります。国会では与党が少数、野党が多数になる傾向があり、「与小野大」という言葉があるほどです。