オリンピック延期で株価が上昇した理由

 ここで東京オリンピック・パラリンピックの延期に触れておきます。オリンピックの延期は一見したところ株式市場にとって悪材料に見えますが、結果的に株価は上昇しました。これは以下の二つの理由によるものと考えています。

 一つは「中止でなく、延期に」とどまったことです。1年先送りになりますが、オリンピック関係の需要はとりあえず残ることになりました。

 もう一つの理由は、こちらの方が重要ですが、市場参加者がオリンピックを決行した場合のメリットよりもデメリットの方が大きいと判断したことです。オリンピックを強行すれば世界中から選手や関係者、観光客などが日本を訪れます。その中には新型コロナの感染者も含まれるでしょう。そうした人たちが日本にウイルスをまん延させる。さらに日本で感染した人が、帰国後、自国にウイルスを広める可能性が十分考えられます。これは日本全体が巨大なクラスター化するようなもので最悪シナリオと呼んでも構わないでしょう。

 今回の延期決定はこの最悪シナリオを未然に消すものであり、それに伴う安心感が株式市場を押し上げたと考えています。

運がよかった安倍晋三首相

 なおオリンピック・パラリンピックの開催について安倍晋三首相はこれまで一貫して予定通りの開催を主張してきたため、中止や延期を自分から持ち出すことは難しかったと思います。しかし今回は、予定通りオリンピックを実施するのを再考するよう求める声が海外の競技団体から上がったため、この声に乗る形で自然に延期を決めることができました。この点について安倍首相は運がよかったと考えています。

今後の上昇要因は景気対策、そして下落要因は…

 ここからは、世界の株式市場の見通しについて考えます。上昇要因、下落要因それぞれありますが、ボックス圏で推移しながら、徐々に底堅い動きになると見ています。

 上昇要因としてまず挙げられるのが、新型コロナが株式市場に直接的に及ぼす影響が減退することです。ここまで述べてきたように、3月に入ってからの株式市場の急落は、新型コロナに関する情報が乏しかったことによる警戒感が主因だったと考えています。しかし、現在では新型コロナに関する様々な情報が蓄積されており、警戒感や恐怖などが株価を押し下げる場面は少なくなると見ています。

 また、治療薬の開発が進むと思われることも、株価の押し上げ要因と見ています。有力な候補薬としては安倍首相も言及した「アビガン」の他に「レムデシビル」「カレトラ」「オルベスコ」などが挙げられています。

 これまで効果を発揮できなかった金融政策や景気対策も、今後は株式市場にプラスに働くと考えています。これまで、こうした政策が株式市場に効果を発揮するケースがあまり見られなかったのは、新型コロナに対する警戒感が大きかったからだと思います。この警戒感が薄らげば、自然と効果が出てくると期待されます。

 特に、金融緩和の株価押し上げ効果はかなり大きなものになる可能性があります。これは、各国の中央銀行が大規模な金融緩和を打ち出しているためです。例えば、米連邦準備理事会(FRB)は米国債や住宅ローン担保証券(MBS)の買い入れ量を当面無制限とする緊急措置を決定しました。欧州中央銀行(ECB)も国債などの資産を年末までに約7000億ユーロ分追加購入すると発表しました。経済対策では、ドイツが1560億ユーロの国債を発行して、零細企業や個人事業主への支援を計画しています。このような思い切った金融緩和や経済対策は、株式市場の押し上げ要因になると予想しています。

 一方、下落要因としては、企業の破綻が今後増えると予想されることが挙げられます。特に、航空業界やホテルなど観光関連の業種に経営の悪化している企業が多いと思われますので、注意が必要です。また、新型コロナの影響についても今後は徐々に小さくなると見ていますが、現時点ではまだそうした局面には至っていません。新型コロナのリスクが再度高まる状況には注意が必要でしょう。特にトランプ氏など、各国の指導者が景気テコ入れを急ぐあまりに早期に新型コロナ対策を緩和してしまうリスクは警戒する必要があります。

 以上、いろいろ述べてきましたが、前述のように、株価は今後ボックス圏を出て、徐々に上昇に転じていくと予想しています。

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。