ロシアのウクライナ侵攻に終わりが見えない中、中国の動向に注目が集まる。だが、今の中国には仲介の役割を単独で担う意思も能力もない。周恩来から鄧小平までの中国外交は力を発揮していた。それを支えるトップダウンのシステムは今、マイナスに働いている。だが今、中国は積極的な外交に転じるべきだ。ロシアには撤退を促す。NATO(北大西洋条約機構)にも妥協を勧める。

北京冬季オリンピック大会に合わせ会談したロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主席。 2人は、ロシアによるウクライナ侵攻を話し合ったのか(代表撮影/AP/アフロ)
北京冬季オリンピック大会に合わせ会談したロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主席。 2人は、ロシアによるウクライナ侵攻を話し合ったのか(代表撮影/AP/アフロ)

 ウクライナ情勢の帰趨(きすう)は、世界の将来に決定的な影響を及ぼす。何よりもロシアの軍事行動を止め、ウクライナが直面する人道的危機を終わらせなければならない。そこでロシア、ウクライナと良好な関係を持つ中国の関与を求める声が起こり、中国もその意向を示し始めている。

 中国が関わること自体、ある意味で自然なことだ。中国と世界との関係が今日のように深まると、中国自身が大きな影響を受けるし、中国の国際世論対策の視点からも何かやる姿勢を示しておく必要があるからだ。だが、結論を先に言えば、現段階では、その意思と能力において限界があり、仲介ないし調停の役割を単独で引き受けることはないであろう。

 ウクライナ問題に対する中国の基本姿勢は「米国との長期的な戦略的競争を生き抜くためにプラスならやり、マイナスならやらない」ということに集約できる。実力において中国よりはるかに勝る超大国・米国との抗争を続けているだけに、軍事超大国ロシアとの関係は、どうしても維持しておきたいカードとなる。習近平(シー・ジンピン)氏とウラジーミル・プーチン氏との相性の良さも加わり、ロシア・カードの温存は、ウクライナ問題に対する中国外交の基調となろう。

 国際情勢を判断するのに「決め打ち」は禁物だ。人間がやることには想定外のことが結構起こる。確かにプーチン氏に大きな判断ミスがあったようだ。だが、実は、判断ミスは双方で、かつ、あちこちで起こり得る。このままズルズルと事態が推移して、プーチン氏が素直に白旗を掲げるとは思えない。中国としては、ロシアが失敗し、ロシア経済が疲弊し、ソ連崩壊後の「三流国」に再びなってもらっては困る。表に出ない形でロシアを支援し続けるであろう。

「中国ファースト」の中国外交

 しかしロシアと表だって同調するわけにはいかない。ウクライナは中国の友好国であり、その主権と領土が侵犯され、紛争の平和的解決が取り組まれていないからだ。「中国は東アジアでロシアと同じことをやっているではないか!」との声が飛んできそうだが、中国はあまり矛盾を感じていないだろう。中国は、ロシアが2008年に独立を承認したジョージアの一部地域の独立や、ロシアによる2014年のクリミア半島の併合を承認してはいない。しかもロシアがウクライナで取った軍事行動は深刻な人道問題を引き起こしているのだ。

 ロシアにばかり肩入れしているとロシアと同一視され、中国の国際的イメージは大きく傷つく。そこで「平和の使者」の役割を演じる必要が出てきた。米国も中国の関与を望み、ウクライナも仲介を頼んできた。3月7日、王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長は「平和的話し合いを促進するために建設的役割を果たし続ける。必要な場合には国際社会とともに仲介の労を取る」方針を示した。特に、ウクライナにおける人道的危機を防ぐための強い姿勢を6項目提案として明らかにした。習近平氏も、翌8日に行った仏大統領のエマニュエル・マクロン氏や、独首相のオラフ・ショルツ氏との会談において同様の発言をした。

 この中国の態度表明が、ロシアに対しどの程度影響を及ぼすかは分からない。しかし、ウクライナにおける人道状況がこれ以上悪化すれば、中国による対ロシア支援は、経済支援を含めて次第に難しくなる。

次ページ 周恩来が確立したトップダウン外交