中ロが北京で関係強化――は思い込みだ。共同声明に「ウクライナ」の文字はない。中国は、ロシアの孤立に付き合う気はなく、「中ロ同盟」を演出し欧米を慌てふためかせることを狙った。米国がウクライナに軍事介入することはなくても、台湾にも同様の行動を取るとは限らない。台湾は西太平洋の安全保障環境を激変させる要衝だからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3619文字 / 全文3643文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題