安倍首相(左)が1月にオマーンを訪問。ハイサム国王と会見した(提供:OMANI NEWS AGENCY/AFP/アフロ)

 2019年12月27日前後、まだイランと米国の軍事衝突で世の中が大騒ぎになる少し前のこと、わたしのツイッター周りが突然、騒がしくなった。オマーンに関するアラビア語のツイートがやたらと流れてきたのである。79歳になる、オマーンのカーブース・ビン・サイド国王(以下、カブース)が「危篤だ」とか、「いや元気だ」とか、「回復を祈る」だとか。錯綜(さくそう)した情報が乱れ飛び始めたのだ。

 カブースががんを病んでいるとの説が2010年代初めから流れており、実際、国外で長期にわたり、治療を受けていた。直近でも、19年12月7日から治療や検査のためベルギーを訪問。12月13日にはオマーン王宮府が帰国を発表している。このときからすでに、カブースは祖国で死ぬために帰国したなどの観測が流れていた。そのため、年末に危篤説が流れたときは、多くのオマーン人や専門家たちが「やっぱり」と考えてしまったのである。

 オマーン王宮府はその後、カブースの容体は安定していると公式発表したが、年が明けた1月11日、同国王が10日夕刻に崩御したことを明らかにした。となると、年末の危篤説は、どこから漏洩したのか不明だが、かなり精度の高い情報だったのかもしれない。

 カブースは短期間の結婚経験はあるが、子どもはいない。「皇太子」を任命するなど、公のかたちで後継者を指名してはいなかった。ただ、後継者の名前が記された遺言状が、厳重に保管されていると言われていた。

 オマーンの憲法に当たる基本法第6条は、国王が空位になった場合、王族会議が3日以内に後継者を決定すると定めている。そのため、国軍の長らかなる国防会議は2020年1月11日、新国王選出のため、王族会議を開催するよう呼びかけた。そして、王族会議は、カブースへの忠誠から、同国王が指名した者を国王とすると決定したと、国防会議に伝えている。これは、新国王の指名において、王族会議内で合意ができなかったことを示しているのかもしれないが、はっきりしたことは分からない。

 いずれにせよ、王族会議が新国王を指名しなかったため、国防会議は、カブースが王族会議に宛てた書簡(遺言状)で指名した者を確認する手順に移った。そして、王族会議は、カブースの書簡を開封するよう国防会議に委託した。

後継者は予想どおりでもあり、予想外でもあり

 それを受け、王宮府相であるスルターン・ビン・ムハンマド・ヌァマーニー国防会議議長代行が、国軍上層部や国家評議会議長、諮問評議会議長、最高裁長官、そして王族会議メンバーらの前で書簡を開封し、カブースが指名した名前を読み上げた。そこに書かれていた名前は、予想どおりとも言えるし、予想外とも言えた。書かれていたのはカブースのいとこであるハイサム・ビン・ターリク・アール・サイード遺産文化相の名であった。

続きを読む 2/4 オマーン王家と日本の知られざる縁

この記事はシリーズ「世界展望~プロの目」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。