ムハンマド皇太子への支持は引き続き高いとみられるが、「タブリーギー」との対立は得策か(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
ムハンマド皇太子への支持は引き続き高いとみられるが、「タブリーギー」との対立は得策か(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 サウジアラビアのイスラーム(以下、イスラム)問題省の公式ツイッターに昨年12月、興味深いつぶやきがあった。アブドゥッラティーフ・アールッシェイフ・イスラム問題相が国内のモスクやその説教師に、12月10日の金曜礼拝の説教で「タブリーグ・ワ・ダァワ団」(別名「アフバーブ」)という組織に関する警告を発するよう指示したのである。

 イスラム問題相が説教のなかに含めるよう指示したのは4点で、概略は以下のようになる。

  1. タブリーグ・ワ・ダァワ団の誤った道への誘導、逸脱、そして危険について明らかにすること。彼らは、彼らがなんと言おうと「テロリズムへの扉」である。
  2. 彼らが犯した過ちのうち最も顕著なものに言及すること。
  3. 社会に対する彼らの危険性について言及すること。
  4. 「タブリーグ・ワ・ダァワ団」を含む党派的な組織に入ることはサウジアラビア王国では禁じられていることを明らかにすること。

 つまり、タブリーグ・ワ・ダァワ団をテロ組織と断定してはいないものの、その一歩手前の存在であり、イスラムから逸脱しており、危険で、サウジアラビアでは非合法である、ということだ。筆者自身、不勉強なことに、このツイートを読むまで、タブリーグ・ワ・ダァワ団がサウジアラビアでそんなに危険視されていたことを知らなかった。それどころか、この組織がいつサウジアラビアで禁止されたかすら把握していなかったのである。

権力志向なし、体制批判なし

 では、そのタブリーグ・ワ・ダァワ団とはいかなる組織なのか。タブリーグ・ワ・ダァワ団は1920年代半ばに北インドで生まれたイスラムの多数派スンナ派(以下、スンニ派)の運動で、アラビア語圏以外ではむしろウルドゥー語の「タブリーギー・ジャマーアト」の名で知られる(したがって、以下タブリーギーと表記)。

 現在はインドだけでなく、パキスタンやバングラデシュなど南アジア諸国やマレーシア、インドネシア、タイなど東南アジア諸国にも多くのメンバーを有する。日本にも支部を持ち、日本国内のモスクで積極的に活動している。

 ちなみに「タブリーグ」とはアラビア語で「伝えること」、つまり「伝道」を意味する。「ダァワ」もアラビア語で「宣教」のような意味になる。「ジャマーア」そして「ジャマーアト」も元はアラビア語で、「グループ」や「団」を指す。

 タブリーギーの創設者であるムハンマド・イルヤースはインドのイスラム神学校デーオバンド学院で学び、イスラム神秘主義(スーフィズム)のチェシュティー教団(あるいはナクシュバンディー教団とも)に属していた。昨年8月にアフガニスタンを制圧した武装勢力ターリバーン(以下、タリバン)もデーオバンドを源流としている。この点は、イスラムや中東、アフガニスタンに関心がある方であれば、知っている人も多いと思う。

 だからといって、タブリーギーが武装闘争を行っている、もしくはテロを使嗾(しそう)しているという話はほとんど聞いたことがない。それどころか、政権を掌握しようといった権力志向も、体制への批判も、少なくとも表面的には見られなかったのである(ただし、筆者自身、タブリーギーについて詳細にフォローしているわけではない。あくまでアラブ諸国の目を通して間接的に見てきただけなので、理解に偏りがあることは否定できない)。

次ページ ロシアや中央アジアは禁止、パキスタンは