「人生100年時代」と言われる中、高等教育の在り方が問われている。いわゆる“いい大学”に入ることが、人生を豊かにするのだろうか。全寮制インターナショナルスクール、UWC ISAK Japanを立ち上げた社会起業家・小林りん氏に聞くシリーズ。第5回は、これからの高等教育の在り方を語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1180文字 / 全文1196文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題