全2769文字

 日本のアニメーション業界が、海外展開で関係を深めているコンテンツ配信基盤(プラットフォーム)がある。それが、「Crunchyroll(クランチロール)」だ。運営するのは、米ワーナーメディア傘下のオッターメディアの子会社である米Ellation(イレーション)。クランチロールでは、英語やフランス語など8言語に対応し、対象の国や地域は200を超える。無料会員数は2019年8月時点で5000万人、有料会員数は200万人に達した。視聴できるアニメ作品の数は1000タイトル以上で、3万エピソードを超え、「世界で最も大きなアニメライブラリー」を称する。

クランチロールの無料会員数は5000万人、有料会員数は200万人に達した。2019年8月30日~9月1日に開催された「Crunchyroll Expo 2019」での発表イベントの様子

 日本アニメはファン(愛好者)が世界中におり、米ネットフリックスといった動画配信業界でも、「キラーコンテンツ」の1つとして位置付けられている。だが、「OTAKU(オタク)」と呼ばれるような日本アニメの海外ファンにとって、ネットフリックスよりもむしろクランチロールの方がなじみがあるだろう。

 日本のゲーム業界からも注目を集めている。アニメファンはゲーム愛好者(ゲーマー)でもある場合が多いからだ。クランチロールによれば、同社を通じてアニメを視聴するユーザーの9割以上がゲーマーで、6割以上がより熱心なコアゲーマーだという。さらにクランチロールは漫画やキャラクターグッズなども手掛けており、米国を中心にOTAKUの一大プラットフォームになっている。

 こうした状況に目を付けた日本のアニメ業界やゲーム業界がクランチロールとの関係を深めている。2019年12月、小学館や集英社などが出資する米ビズメディアは、「ナルト」シリーズの映画や「アクセルワールド」、「ワンパンマン」といった人気のアニメ作品を新たにクランチロールで配信することを明らかにした。ビズメディアの欧州子会社は、現在はクランチロール(イレーション)の傘下にある。

 ゲーム分野では、バンダイナムコエンターテインメント(BNE)が同年8月にクランチロールとの業務提携を発表。9月には、サンライズや創通とライセンス契約を締結し、「機動戦士ガンダム」や「新機動戦記 ガンダムW」などガンダムシリーズ5作品で、関連グッズなどを海外市場向けに商品化する。

BNEとの業務提携後、まずは人気アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」や「NARUTO-ナルト- 疾風伝」のキャラクターが登場するブラウザゲーム「NARUTO X BORUTO 忍者TRIBES」を、同アニメ視聴後に画面を切り替えることなくシームレスにプレーできるようにする

 スマートフォン向けゲームを手掛けるNextNinja(東京・品川)も、クランチロールを積極的に活用する企業だ。同社が開発・運営しているスマホ向けRPGゲーム「グランドサマナーズ」(配信:グッドスマイルカンパニー)の海外でのプロモーションやマーケティングなどで、クランチロールのユーザー基盤を生かしている。

 「グラサマ」は日本でも著名なゲームで、北米を中心とした海外でも人気がある。その事業拡大に一役買っているという。「アニメファンの多くがゲーマーで、多数の海外アニメファンを抱えるクランチロールは海外でのプロモーションやマーケティングで重要な役割を果たす」(同社代表取締役社長で、同ゲームのプロデューサーの山岸聖幸氏)と評する。

「Crunchyroll Expo 2019」で講演する山岸氏。海外ファンから「山P(Yama-P)」の愛称で呼ばれ、米国のアニメイベントではサイン会に大勢のファンが列をなすほどの人気である