企業広告などで、中国に関する表現を巡って炎上するケースが相次いでいる。最新の事例は「バットマン」だ。中国共産党機関紙の人民日報系の英語紙「グローバルタイムズ」は11月28日、バットマンシリーズなどを出版する米DCコミックスがインスタグラムに載せた広告イラストが、香港の抗議者をサポートしていると非難する記事を掲載した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1953文字 / 全文1968文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。