全2503文字

 今年4月の選挙で再選を果たしたインドネシアのジョコ大統領は、10月の新政権の発足に当たり、インドネシアで最も有名な起業家にラブコールを送った。ゴジェックの共同創業者で元最高経営責任者(CEO)のナディム・マカリム氏だ。

 ゴジェックはライドシェア・配車サービスで急成長し、今や世界でも20社前後しかないデカコーン(評価額が100億ドル以上の未上場企業)となった。要請を受け入れたナディム氏は教育・文化相に就任。教育界と産業界との橋渡し役を担うほか、教育水準を底上げし、デジタル経済に対応した人材を育成する任を負った。

インドネシアの教育・文化相に就任したゴジェック創業者のナディム・マカリム氏(写真:ロイター/アフロ)