10月31日から11月4日にかけて、タイの首都バンコクで東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議が開かれた。例年、ASEANは日中韓や米国など各国首脳の参加を促し、様々な国との首脳会合を開くことでその存在感をアピールしてきた。今年も日本の安倍晋三首相や中国の李克強(リー・クォーチャン)首相、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領など各国の首脳がバンコクに集まっている。

 だが、大国でありながら、首脳級はおろか閣僚級すら送らない国があった。米国だ。メンツを潰されたASEAN側は4日開かれた米国との首脳会議出席者の顔ぶれを「格下げ」し、首脳級の参加を3カ国にとどめた。これに米国の派遣団が逆に反発したとの報道もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1894文字 / 全文2216文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。