カンボジアの地方都市シアヌークビルには中国資本によるカジノが乱立し、いつしか「第2のマカオ」と呼ばれるようになった。中国の人と資本が大規模流入した結果、町は急速に「中国化」し、様々な問題が発生している。外資カジノを軸とした発展によるひずみが顕在化しつつある中、カンボジア政府はオンラインカジノの禁止を打ち出した。これを機に、シアヌークビルは町の姿を是正しようともがいている。

暗闇を照らすシアヌークビルのカジノ。同様のカジノビルやカジノ併設ホテルが町中に乱立している。
暗闇を照らすシアヌークビルのカジノ。同様のカジノビルやカジノ併設ホテルが町中に乱立している。

 「もうオンラインカジノは営業させない。町の治安とインフラを改善し、悪いイメージを払拭して海外からの投資を広く集めたい」。シアヌークビル州政府関係者はこう力を込めて語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3567文字 / 全文3864文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。