英国で主に実店舗を展開する小売り業の凋落が続いている。英小売協会が10月7日に発表した9月の小売売上高は前年同月比で1.3%減で、1995年の統計開始以来で最低の水準だった。景気減速の影響が指摘される一方で、ネット通販の販売は伸びている。9月のネット販売は前年同月比で4.3%伸び、好調を維持している。

 9月16日号スペシャルレポート「英小売り、破壊と創造の最前線」で詳細を報じたが、路面店を展開する小売りの苦境は深まっている。英百貨店大手のジョン・ルイスは10月1日、業績悪化で上級管理職の3分の1を削減した。カメラチェーンの英ジェソップスは10月中旬、管財人の下で経営再建を検討していると報じられた。

英ネット通販の伸長に対応

 英国は世界的に見ても小売市場に占めるネット通販の比率(EC化率)が高い。経済産業省の調査によると、世界でEC化率が最も高いのは中国の22.7%で、英国は19.3%と2番手につける。日本の7.3%に比べると状況が大きく異なる。こうした状況の英国で、メーカーが小売業界の激変に対応しつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1305文字 / 全文1774文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。