H2O.aiのスリ・アンバティCEO。データ管理サービスの米DataStaxの開発責任者などを務めた後、ビッグデータ分析プラットフォームの米Platforaを創業した。Platforaはクラウド業務ソフト大手の米ワークデイが買収した
H2O.aiのスリ・アンバティCEO。データ管理サービスの米DataStaxの開発責任者などを務めた後、ビッグデータ分析プラットフォームの米Platforaを創業した。Platforaはクラウド業務ソフト大手の米ワークデイが買収した

 AI(人工知能)のサービスを提供する企業にとって秘中の秘であるはずのアルゴリズム。米シリコンバレーにはその原本にあたるソースコードを無償で提供するスタートアップがある。

 そのスタートアップ、H2O.ai(以下、H2O)のスリ・アンバティCEO(最高経営責任者)は「AIのアルゴリズムは水や空気のように、安価かつ容易に利用できるべきだ」と話す。インターネット上で公開する同社のアルゴリズムは、誰でも利用できるようになっている。

 ここにきてこのH2Oのビジネスモデルが注目され始めている。全世界のスタートアップ企業の影響力を評価する米クランチベースで、「Artificial Intelligence(AI)」とAIの一手法である「Machine Learning」の両方に取り組む企業として11位と、米グーグルの10位に次ぐ位置につけた。今年8月には、米ゴールドマンサックスなどを引受先として7250万ドル(約75億円)を調達。スタートアップとしては株式公開などの出口に近い、レーターステージであるシリーズDの段階にある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1561文字 / 全文2038文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。