全1728文字

 ヤマトホールディングス(YHD)が25年までの実用化を目指して、米国の大手ヘリコプターメーカーのベル・テキストロンとタッグを組み、「空飛ぶトラック」の開発を急ピッチで進めている。荷物を入れる新型の輸送用容器で次世代物流の世界標準を狙う。