全2906文字

 世界の名だたる自動車メーカーが生産拠点を構えるタイ。その産業規模は国内総生産(GDP)の約1割を占めるほど大きい。ただマレーシアやベトナム、インドネシアなどと異なり、タイは各社の技術を吸収して国産車を開発する構想は持たなかった。外資系メーカーに依存し続けることが、タイを東南アジア最大の自動車産業の拠点たらしめた。その構造が将来、変わるかもしれない。電気自動車(EV)シフトを好機として、国産EVの開発・量産に乗り出すタイ企業が現れたからだ。

 国産EVメーカーとして歩みを始めたのは、2006年創業のタイ企業、エナジーアブソルート(EA)だ。「我々はまだ小さな新参者だが、世界に知られるEVメーカーになるチャンスは十分にあると考えている」。EAの創業者で最高経営責任者(CEO)のソムポート・アフナイ氏は鼻息荒く語る。

 同社は今年開かれた東南アジア最大の自動車展示会、バンコク国際モーターショーで自社開発したEV「マインSPA1」の発表に漕ぎ着けた。タイ初の国産EVは注目を集め、現在までに1000台を超える予約を集めた。さらにバンコクで事業展開する複数のタクシー組合が関心を示し、3500台のSPA1を優先供給していくことでも合意している。

エナジーアブソルートが量産を計画する5人乗りEV「マインSPA1」

 EAは生粋の自動車関連企業ではない。バイオディーゼル燃料のメーカーとして誕生し、後に太陽光発電や風力発電事業に進出。その収益をテコに4年ほど前からEVやリチウムイオン電池の開発に乗り出した。16年から17年にかけて台湾の電池大手、アミタ・テクノロジーズ(有量科技)に出資し、同社の過半の株式を取得。今年5月末にはEV向けパワートレイン(駆動装置)システムの開発・設計・組み立てを手掛ける台湾のZept(ゼプト)にも出資し、筆頭株主になった。

 こうした台湾企業のノウハウを活用してEVを量産する準備を進める。年間5000台を生産できる工場が早ければ年内にも稼働する見通しだ。来年には電気を蓄える「セル」容量に換算して1ギガワット時の電池生産能力を持つ工場も完成する。この工場は最終的に50ギガワット時の生産能力を備えるまで拡張させる計画で、足元で複数の大手企業と出資について交渉を進めている。実現すればパナソニックが米EVメーカーのテスラ向けに構える「ギガファクトリー」を上回る規模になる。

 EAの売上高は125億バーツ(約438億円、18年12月期)、純利益は51億バーツ(約177億円、同)程度と、規模だけで比較すれば世界の完成車メーカーとは比較にならないほど小さく、投資余力も限られている。ソムポートCEOは「自動車業界の巨人と対等に競争しても勝ち目はない」と認めながらも、「戦い方次第では十分に存在感を発揮できる」と前のめりにEV事業に取り組む姿勢を崩さない。

エナジーアブソルートの創業者でCEOのソムポート・アフナイ氏(写真右)とCFOのアモン・サトウィクーン氏