英国で小売り事業者の経営破綻や大量閉店が相次いでいる。

 4月上旬には240年もの歴史を持つ老舗百貨店のデベナムズが経営破綻した。米アマゾン・ドット・コムなどのインターネット通販に押されて、収益が悪化。2018年8月期は過去最悪の赤字を計上していた。

 実際に店舗を訪れてみると、店員のモチベーションは低く、顧客が少ないため非常に活気がない。管財人の法的管理下にあり、4月末には2020年までに英国内の約170店舗のうち、約50店舗を閉鎖する可能性があることを明らかにした。

ロンドン中心部にある老舗百貨店のデベナムズ。4月に経営破綻し、管財人の法的管理下にある。店舗内は閑散としている
ロンドン中心部にある老舗百貨店のデベナムズ。4月に経営破綻し、管財人の法的管理下にある。店舗内は閑散としている

 18年には百貨店の英ハウス・オブ・フレイザーが経営破綻し、英スポーツ用品小売り大手に買収された。

 英衣料品チェーンのニュールックは経営が悪化し、任意整理手続きを債権者に承認された。老舗小売り大手マークス&スペンサー(M&S)は、22年までに100店舗を閉鎖すると発表した。日本のある商社マンは、「昔はM&Sと取引するのはたいへん価値があったが、不振には隔世の感がある」と驚く。

 各社の経営難の背景にはそれぞれ固有の事情もあるが、アマゾンなどインターネット通販の影響を受けているのが共通点だ。米調査会社によると、18年12月期のアマゾンの英国事業の売上高は、前年に比べ23.3%伸びている。米国で高級スーパーのホールフーズ・マーケットを買収したように、英国でも大手小売りを買収する観測が絶えない。

 まさにアマゾンの浸透とリンクするように、既存の小売業が衰退している。日本でも知られる音楽・映像ソフト販売大手の英HMVは18年末、実質的に2度目の経営破綻に陥った。アマゾンや米アップル、米ネットフリックスなどのストリーミング配信サービスに押され、CDやDVDの販売が落ち込んだためだ。HMVの店舗は常に値引きをしているのに、客足がまばらだ。

続きを読む 2/3 英国は米テック企業のテストマーケティング地域

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。