韓国サムスン電子が、折り畳み型スマートフォンの弱点克服に向けた「先兵」を市場に送り込んだ。2020年2月11日(現地時間)に米サンフランシスコで発表、14日に発売した「Galaxy Z Flip」である。前機種の「Galaxy Fold」に比べて軽く、かつ価格も安い。Foldは重さ276gで価格は1980ドルと、スマホの中では重くて非常に高価だった。これに対してZ Flipは、183gで価格は1380ドルと重さと価格、ともに3割ほど削減した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1444文字 / 全文1466文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。