2020年1月7日、上海工場の本格稼働を祝うイベントで奇妙な踊りを披露した後、記念撮影をするテスラのイーロン・マスクCEO (写真:Bloomberg / Getty Images)

 米EV(電気自動車)大手テスラの株価急騰が際立っている。2019年12月5日に330.37ドルだった株価は20年1月30日には640.81ドルと倍近くに跳ね上がった。

 同社のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は20年1月7日、中国・上海工場の本格稼働を祝うイベントで奇妙なダンスを披露してみせた。小躍りしたくなるほど気持ちが高揚している理由の1つに、株価高騰で同社が抱える巨額負債(19年10~12月期は134億ドル)の負担が軽くなることがある。同社は次の4年間で、株価が350ドル以上になると株式に転換できる新株予約権付社債(転換社債=CB)を約40億ドル分、発行している。このまま株価を維持できれば、40億ドルの負債が4年で消える。

 1月29日の米株式市場が閉じた後、テスラは19年10~12月期の決算を発表した。売上高が前年同期比2%増の73億8400万ドル、純利益が同25%減の1億500万ドルで、2四半期連続の黒字を達成した。これも市場は好感。同日の時間外取引では一時同日終値の11%高を付け、初めて600ドル台を達成した。

19年10月の決算発表からの上昇ぶりがすさまじい(©2020 Verizon Media. All rights reserved.In partnership with ChartIQ)

 株価高騰のきっかけは19年10月23日に発表した19年7~9月期の黒字決算だった。赤字を垂れ流し続ける同社に、もはや期待すら抱かなくなっていた投資家たちは、この予想外の結果に再び目を輝かせた。異性の興味を引くには「いったん落として上げる」のが鉄則らしいが、このときの投資家たちも同じようにテスラの魔法にかかったようだ。

グレタさんの「How dare you!」も追い風に

 もちろん、時代の後押しもある。「How dare you!(よくもそんなことが言えますね)」。19年7~9月期決算発表のちょうど1カ月前、米ニューヨークにある国連本部で開かれた「気候行動サミット」の開幕式で、スウェーデンの活動家グレタ・トゥンベリさんがこう言って各国の首脳陣をにらみつけた。以前から気候変動(Climate Change)の話題は注目を集め始めてはいたが、この出来事が世界の「空気」を変える大きなきっかけになった。

 米国でいまや気候変動は、政治にも経済にも大きな影響を与えるホットトピックだ。「(分割説が出るなど)当局からの風当たりが強まるフェイスブックやアマゾン・ドット・コムなどとは対照的に、テスラにはこれから追い風が吹くだろう」。地政学リスクを分析して政府首脳や企業に助言する米ユーラシア・グループのイアン・ブレマー社長は、こう推測した。

 テスラが掲げてきたビジョンに時代が追いついてきたと見ることもできるが、こんな疑問も湧く。現在の株価高騰がテスラ本来の姿を正しく映し出しているかどうか、という点だ。

 機関投資家の見解はどうか。

続きを読む 2/3 「ブル」も「ベア」もテスラの未来に好意的

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3460文字 / 全文3489文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特派員レポート」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。