全1796文字

次世代動力源の開発競争で注目を集めている「温度差発電」。素材同士の温度差によって電流が生まれるという原理を利用したテクノロジーだ。温度が変化するところであれば、理論上はどんなところでも発電できる、夢のような技術だ。