米国の自国優先主義などこれまでの価値観が崩れている。経済についても、過度に株主を重視する資本主義は終わりと告げつつあるとオリックスの宮内義彦シニア・チェアマンは言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り432文字 / 全文453文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題